• トミオフクダ ブルボン
  • トミオフクダ ブルボン
  • トミオフクダ ブルボン
トミオフクダ ブルボン

トミオフクダ ブルボン

400g:¥2,484(税込)

商品詳細

「トミオフクダ ブルボン」はブラジルのセラード地区にある、標高1100mに位置する「ファゼンダ・バウー農園」で栽培されています。
農園の所在地はセラード地区の中でも特に雨季と乾季の差がはっきりした場所にあるため、コーヒー栽培に適した気候のなかにあります。農園オーナーのフクダトミオ氏は、勉強家で従業員育成にも大変熱心に取り組んでいます。また絶対にゴミを出さないなど、非常に清潔で綺麗な農園作りを心がけています。
黄色に実ったブルボンチェリーは、丁寧に収穫され、パティオで天日乾燥されます。その後、果肉除去・脱穀・精選されブルボン・ナチュラル・サンドライが誕生します。トミオフクダ ブルボンは、昔ながらのブラジルのナチュラルコーヒーの味と、在来種であるブルボンの特徴を併せ持っています。

甘みが強く、すこやかな酸味と濃厚なコクが特徴のコーヒーです。
品名 トミオフクダ ブルボン
商品コード cof_bod_065
カテゴリ コクが特徴カテゴリ
生産国 ブラジル
地域 ミナスジェライス州セラード地区ファゼンダ・バウー農園
品種 イエローブルボン クロップ 2015~2016
標高 1,100m 精選方法 ナチュラル
受賞・認証

ブラジル産のコーヒー豆

ブラジルはコーヒー豆の生産量、輸出量ともに世界一の実力を誇るコーヒー大国です。
18世紀、ギニアとの国境紛争時にコーヒー発祥の地とされているエチオピアから、ひそかにコーヒーの種と苗木が持ち込まれたがブラジルのコーヒー栽培の始まりと言われています。
その100年後、ブラジルは世界最大のコーヒー生産国となりました。
主要産地は南部に集中していますが、一部北部でも生産されており、生産の7割がアラビカ種となっております。
ここ数年、ブラジル国内でのカフェブームの影響でバリスタを目指す若者が増えており、農園は生産量だけでなく、高品質の豆を栽培することに力を入れ始めています。

みんなのレコード

  1. 総合:
  2. 3.5
  3. 3.7
  1. 苦味3.5
  2. 酸味3.5
  3. コク4.5
  4. 香り4.0
  5. 甘み3.0
写真

fujingさん
東京都のレコード

  1. 総合:
  2. 3.5
  3. 3.7
  1. 苦味3.5
  2. 酸味3.5
  3. コク4.5
  4. 香り4.0
  5. 甘み3.0
焙煎度:ハイ 最近飲んだコーヒーの中で、一番旨みが強いと感じました。 苦味を感じる香りに反して、口に含むとそこまで強くなく、 「あ~コーヒーだな」と感じる味わいでした。 個人的にはバランスが取れていて好みですが、 アイスにすると酸味が出やすくなるようなので、 酸味が苦手な人はホットで飲む方がいいと思います。

このコーヒーに似ている商品

5,400円以上のお買い物で送料無料