• リモンシリョ ジャバニカ
  • リモンシリョ ジャバニカ
  • リモンシリョ ジャバニカ
  • リモンシリョ ジャバニカ
リモンシリョ ジャバニカ

リモンシリョ ジャバニカ

  • 限定品
400g:¥3,294(税込)

商品詳細

「リモンシリョ ジャバニカ」は、ニカラグアのカップ・オブ・エクセレンスで2008年に2位を受賞した経歴を持つリモンシリョ農園で栽培されています。
リモンシリョ農園で栽培されているコーヒー豆は、エチオピア産ロングベリーを起源としたジャバニカという名の品種で、大変な手間をかけて生産されています。
農園はカフェソル・イ・アグアグループというの輸出グループの一員で、ウェットミル(果肉の除去作業)、ドライミル(外皮の脱穀作業)における丁寧な選別を通して、コーヒーの品質を最大限に引き出し、上質なコーヒーをさらに最高の状態で輸出することに重きを置いています。

やわらかい甘み、ほのかな酸味、まろやかでクリーミーなコク、そしてジャスミンを思わすフローラルな香りが特徴の華やかなコーヒーです。
品名 リモンシリョ ジャバニカ
商品コード cof_fla_022
カテゴリ 香りが特徴カテゴリ
生産国 ニカラグア
地域 マタガルバ地区リモンシリョ農園
品種 ジャバニカ クロップ 2013~2014
標高 980~1,350m 精選方法 ウォッシュド
受賞・認証 カップ・オブ・エクセレンス2008 第2位

ニカラグア産のコーヒー豆

ニカラグアは、中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家です。東はカリブ海、南西は太平洋に面した日本の3分の1ほどの小さな国です。
ニカラグアは全土が熱帯性の気候に属していますが、標高や地域によって差があります。11月~4月が乾季、5月~10月が雨季。
1年中高温ですが、中でも4、5月が一番暑く、乾季の始めの12月~1月が比較的過ごし易い時期です。

ニカラグアは最貧国ということもあり世界の最先端設備の導入はまだ多くありませんが、カップ・オブ・エクセレンスの開催国という事もあり、スペシャルティコーヒーへの取り組みが少しずつ広がってきています。現在品質の高いスペシャリティコーヒーを生産する地域として脚光を浴びているヌエバ・セゴビア県では、カップ・オブ・エクセレンスに入賞するコーヒーがたくさん生産されています。
ニカラグアのコーヒーは、甘い香りとすっきりとした酸味、爽やかな後味が特徴です。

みんなのレコード

  1. 総合:
  2. 3.5
  3. 3.3
  1. 苦味3.3
  2. 酸味3.6
  3. コク3.2
  4. 香り3.7
  5. 甘み3.0
写真

ヤナさん
三重県のレコード

  1. 総合:
  2. 3
  3. 2.8
  1. 苦味2.5
  2. 酸味2.0
  3. コク2.5
  4. 香り3.0
  5. 甘み4.0
焙煎度:シティ 2017/4月 フレンチプレス 初めて飲んだ時は、香りも味も弱くて、でもコーヒーの味はする!?と混乱しました。商品説明の「やわらかい甘み、ほのかな酸味、まろやかでクリーミーなコク、そしてジャスミンを思わすフローラルな香り」を見て、まさにその通りと納得しました。 飲み慣れると美味しいのですが、ちょっと冷めると強烈な酸味が来ます(酸化による酸味?)。この酸味は苦手なので、熱いうちに飲みきってます。
写真

由莉さん
静岡県のレコード

  1. 総合:
  2. 4
  3. 4.1
  1. 苦味4.0
  2. 酸味4.5
  3. コク5.0
  4. 香り4.0
  5. 甘み3.0
焙煎度:シティ 良い酸味('ω') このバランスが好きです。強めの酸味にほのかな苦み。飲みごたえのあるコクと、楽しみが膨らむ香り!わたしの好みのコーヒーです!
写真

どん!!さん
茨城県のレコード

  1. 総合:
  2. 3
  3. 3.0
  1. 苦味3.0
  2. 酸味4.0
  3. コク2.5
  4. 香り3.0
  5. 甘み2.5
焙煎度:シティ 香りよりも酸味がいいね!
写真

コウタミンさん
山梨県のレコード

  1. 総合:
  2. 3.5
  3. 3.7
  1. 苦味4.0
  2. 酸味4.0
  3. コク3.0
  4. 香り5.0
  5. 甘み2.5
焙煎度:シティ フレッシュな香りがたまらない!好きなコーヒーです!

このコーヒーに似ている商品

5,400円以上のお買い物で送料無料