• エル エストリーボー
  • エル エストリーボー
  • エル エストリーボー
エル エストリーボー

エル エストリーボー

  • COE受賞
400g:¥4,158(税込)
  • 焙煎度
  • 挽き方
  • 購入数
  • 商品は焙煎後に発生するガスを逃すことができる「アロマキープパック」に入れてお届けいたします。

商品詳細

「エル エストリーボー」はメキシコの代表的なコーヒー産地の一つであるベラクルス州ソンゴリカ地区にある「エル・エストリーボー農園」で栽培されています。
この農園はアルタミラノ一家が何世代にも渡り所有していましたが、その歴史は紆余曲折を経て現在に至ります。
多くのコーヒー生産国に影響を与えた1960年のコーヒー価格の大暴落によって、好調だったコーヒー栽培を縮小し、家族は国内外で別の仕事をせざるをえませんでした。
その後コーヒー価格が持ち直した1992年に、パルピングマシンを購入。2009年には変化する気候に対応する為に小型乾燥機を備え、パルピングマシンに改良を加え、ウォッシングステーションを完成させました。
すべてを自分たちの手で生産管理を行う事で、より品質の高いマイクロロットを作る事に成功し、様々な取り組みを通じ専門知識を学び技術を向上させることで、コーヒー栽培を諦めずに続けた努力が報われ、高品質のコーヒーを作る事に成功しています。

ピーチのような果実味溢れるバニラの香りとキャラメルのようにしっかりとした甘いコクが特徴のコーヒーです。
品名 エル エストリーボー
商品コード cof_bod_108
カテゴリ コクが特徴カテゴリ
生産国 メキシコ
地域 ベルクルス州ソンゴリカ地区カエル・エストリーボー農園
品種 ティピカ、ブルボン クロップ 2017
標高 1,500m 精選方法 フルウォッシュド
受賞・認証 カップ・オブ・エクセレンス2017 入賞

メキシコ産のコーヒー豆

メキシコはブラジル、コロンビアに次ぐラテンアメリカのコーヒー生産国であり、世界で第6位の生産量を誇ります。
コーヒー豆の栽培は1795に始まります。スペイン植民地時代に、スペイン人によって移植されたのが始まりだといわれていますが、コーヒー栽培に適した広大な土地があるにもかかわらず、最初はあまり発展しませんでした。その後、徐々に生産量が増えていき、現在のように中米の主要生産国となりました。

メキシコの一般的な豆の特徴は、水洗式(ウォッシュド)による精製法が普及しており、緑黄色で粒が揃い、優れた香りを持っています。
ベラクルス州で生産されるコアテペックは、世界のコーヒーの中でも最高級品の一つに数えられ、特に優れた香りを感じることができます。
格付けは産地の高度により、標高1,700mのストリクトリー・ハイ・グロウン(SHG)が最良品となっております。

みんなのレコード

このコーヒーに似ている商品

5,400円以上のお買い物で送料無料